水着を選ぶ時に重要なポイント

体型に合う水着とは

胸が小さめの女性には、胸元に大きめのフリルが着いたビキニタイプの水着がおすすめです。大きめのフリルは、ボリュームがあり、立体感のある三角形がベストです。逆に、選んではいけないのが、ペタッとした水着です。 小さい胸が強調され、立体感が全くない状態でしょう。 次に、胸が大きめの女性は、太った印象を与え、オシャレなデザインの水着を選ぶのに躊躇されると思います。その場合は、胸を大きさをコンパクトに見せられるホルタータイプの水着か、ワイヤー無しの水着を選びましょう。首元から胸全体を持ち上げ、水着の中に胸を包み込み、女性らしさを強調できセクシーな印象を与えます。また、一番重要なポイントは、膨張色の水着は避けましょう。膨張色の水着を着ると、胸が大きめの女性は、余計に強調されます。例えば、ピンクやオレンジ、白などのカラーは選ばずに、青や紫などの単色系のカラーを選ぶことがポイントです。 次に、お腹周りが気になり、露出をしたくない女性には、パレオ付き水着がおすすめです。特に、小花柄かモノトーン柄が合います。決して、選んではいけない水着は、横のボーダー柄です。余計に肥満体型に見え、せっかくの楽しい時間が台無しになるでしょう。パレオがパンツと合い、ワンピース状に変身します。つまり、女性の体型によって似合う水着はさまざまです。